FC2ブログ

ポンカン頂きました。



毎年ご支援いただいている「何苦楚日新塾」(代表 山中 猛様)から今年も愛媛のポンカンの支援を頂きました。
塾には「チーム日新何苦楚RUN支援隊」があり、全国から12名のメンバーが、ふくしまっ子を思い、走った距離数に応じた支援をしていただいています。

 故郷を離れ6度目の冬を迎えた大熊っ子たちに、慣れない雪国の寒さで風邪など引かず、元気に過ごしてほしいとの願いから、甘くてビタミンたっぷりの愛媛のポンカンと寒さに負けず「頑張れ!」との意味が込められた会津の縁起物「起き上がり小法師」もプレゼントして頂きました。

 毎年、本当にありがとうございます。<(_ _)>
スポンサーサイト



支援・プレゼント



 これは、檜の鉛筆立てです。
震災以降、子ども達にプレゼントの支援を頂いている岐阜のアジア太平洋子供救済センター・この指とまれさん、フレンズフォージャパンさんからのクリスマスプレゼント。

昨年は、写真の入ったマグカップでしたが、今年は、広島の「四画達磨」さんに特注の世界に一つだけのプレゼントを作ってもらいました。

木の表面に凹凸があり細かいところまで掘り込まれています。\(◎o◎)/!

支援いただいた皆さん、ありがとうございました。

写真では、4面が見えますが、子ども達へは、自画像入りのものが配られます。
22日の保育参観の時にプレゼントの予定。
お楽しみに!!!

日蓮宗女性教師の会


昨日、日蓮宗女性教師の会の皆さんのご支援がありました。本当にありがとうございました。

博多あまおう届く



 大熊町から福岡県筑後市に避難され、農業を始めた北原秀規さんから子ども達へ「博多あまおう」の支援を頂きました。
昨日は家に持ち帰り、家族で甘いイチゴをいただきました。
*************************
北原さんからのメッセージ

こんにちは、私は北原 秀規と申します。東日本大賞災からもう5年が過ぎました。
いまだ、避難生活を余儀なくされている方々にお見舞い申し上げます。私の故郷も皆さんと同じ大熊町です。
幼少から大熊町で育ち、震災が起きるまで大熊町で生活をしていました。
私の現在の避難先は福岡県の筑後市という揚所です。筑後市は福岡県の南部、筑後平野の中央に位置し、農業がとても盛んな地域です。
私は震災を経験し、食べ物の有難さと、それを作る農業の大切さをあらためて知り、農業に携わる仕事がしたいと思い、この地で農業を始めることにしました。
農業を始めるにあたり経験無し、農地無し、農機具無しと、何もないところからのスタートということで、苦労もありましたが、地域の方々や行政・農協・青年部の仲間達の協力を得て、家族全員で協力しながら福岡のいちご「あまおう」を栽培・生産しています。
お互い避難生活が続きますが、一歩一歩前進していきましょう。
私も「あまおう」の栽培を始めて3作目、まだまだ成長途中の新米農家ですが愛情込めて作っています。
私の作った「あまおう」を食べて、皆さんが「美味しい!」と笑顔になってくれれば幸いです。
6月頃には、農協青年部の仲間と一緒に、筑後市の農産物で作ったアイスキヤンディーを持って、皆さんを訪問しようと思っていますので、楽しみにしていてください。私も皆さんに会えるのが楽しみです。
*****************************
Img_3745.jpg

Img_3744.jpg

Img_3743.jpg
給食の時いただきました。「甘くて、おいしぃ~~~」(^^)

ご支援有り難うございました。北原さん是非、幼稚園にもお出でください。

日蓮宗女性教師の会さん



 震災以降支援をいただいている日蓮宗福島県伝道女性教師の会の皆さんが今年も子ども達の支援に来てくれました。

楽しいゲームデ楽しみました。

IMG_3088.jpg

魚釣りゲームならぬ「おもちゃ釣りゲーム」磁石のついた釣竿でおもちゃを釣り上げました。

IMG_3090.jpg

プールの「へり」を利用した「キャタピラリレー」 「電車のリレー」など楽しい遊びが次々と・・・・

プレゼントも戴き、子ども達からは、「ホ・ホ・ホ」のダッスと色紙でお礼をしました。

IMG_3096.jpg

IMG_3100.jpg









プロフィール

管理人(主任)

Author:管理人(主任)
大熊町は原発事故以来会津若松市に場所を移して幼稚園を再開しています。熊町幼稚園と大野幼稚園2つの幼稚園です。

住所:会津若松市河東町大田原字村中152
電話:0242 75 3150

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR